2013.01.08 Tuesday

韓国刺繍の卒業作品

0
     冬休み中に、
    ちくちく韓国刺繍の卒業作品が刺し終わりました。

    ただ好きで続けてきましたが、

    刺繍を続けて一つだけ
    とても強く感じたのは、

    とにかく最後まで投げださずに
    刺し終えることの大切さです。

    色の組み合わせや、刺し方が気に入らなかったり
    迷ったり、途中で嫌になってしまうこともありますが、

    それでもとにかく最後まで刺すと
    意外とまとまってくれるということです。

    私はかなり派手な色ばかりを好んで刺すので
    途中で色の氾濫で、心配になってくるのです。

    201301072331000.jpg201301072329000.jpg
    2012.10.30 Tuesday

    いよいよ卒業

    0
      JUGEMテーマ:趣味

       約3年間の韓国刺繍の教室もいよいよ終わりにさしかかっています。

      ただいま講師課程に在籍中で、

      基礎から教わったステッチを復習・確認する授業です。

      それぞれの刺繍のステッチを施した巾着袋を11点作ります。

      沢山の綺麗な絹地を購入して、巾着を仕上げたので
      綺麗な端切れが出ました。

      卒業制作に入る前に、それらの端切れをつないで
      小さな小さな針山を作っています。

      達成感と、もうすぐ終わってしまう寂しさがないまぜになっています。

      201210310914000.jpg
      2012.02.01 Wednesday

      韓国刺繍のネックレス-ポジャギへのオマージュ-

      0
        JUGEMテーマ:趣味
         韓国刺繍の卒業制作は、
        大きな木枠に、絹の布を貼り付けて刺繍しました。

        刺繍したモチーフの周りに5センチくらい余分な余白があり
        もったいなかったので、
        2cmの小さな正方形を描いて、刺繍してみました。

        正方形を小さなポジャギ(韓国の美しいパッチワーク)をイメージして
        自由に刺繍してみました。


        出来上がったもので、パーツを作り
        とても華やかなネックレスを作ってみました!!

        201201310925000.jpg201202010022000.jpg201202010023000.jpg201201310925002.jpg

        細く依った絹のひもに、動くようにパーツを通して
        ひもの先端に、刺繍して作った蝶のパーツを通して、止めました。

        まるで2匹の蝶が、ポジャギの刺繍布を通した絹ひもを
        運んでいるようなイメージです。

        かなり派手ですが、首に巻いてみては
        うっとり自己満足に浸っています。。。
        2012.01.20 Friday

        韓国刺繍教室 卒業制作

        0
          JUGEMテーマ:趣味

           韓国の刺繍が好きでたまらないという気持ちが、
           
           nagaiteで刺繍雑貨を少し仕入れるまでになり、

          実際に刺繍を習うことになったのが2年前のこと。

          始めた当初は、本当にへたっぴいでしたが、

          とにかく楽しいという一心で

          ついに卒業制作を作るまで月日が流れました。。

          あっという間です。


          201201160036000.jpg
          分かりづらいですが、これがその作品です。

          刺繍部分を切り取り、今度はパッチワークのように
          市松模様に仕上げてゆきます。

          達成感と、終わってしまう悲しみと。。。
          少し複雑な心境ですが

          この後は刺繍の師範コースへと進み、
          さらにポジャギのコースも始める予定です。

          すっかり韓国の手芸道にはまってます!!!
          というより、韓国手芸は私のライフワークになりそうです。

          こんな素晴らしい世界に関わることができて
          本当に幸せです。



          2011.08.29 Monday

          韓国刺繍教室の夏休みの宿題

          0
            JUGEMテーマ:趣味
            「 夏休みの宿題」
            懐かしくも苦い、嫌で嫌でたまらない言葉ですね。。。
            ちょうど今頃は、必死になって宿題をこなしていたような。。。

            こんな大人な私にも
            夏休みの宿題。

            今通っている、韓国刺繍教室の宿題です。
            学生時代とは違い、
            夢のように楽しい宿題です。

            201108290024000.jpg

            これは、インドゥパンという
            アイロンを置く小さな台にする刺繍です。
            15僂砲睨たない小さな布に刺してあります。

            色の洪水ですね。。。
            全く考えずに刺していたら、こんな結果になりました。

            夏休み明けの教室で、アイロン台に仕立てます。

            昔もこんなに楽しい宿題ばかりだったら良かったのですが。



            2011.07.25 Monday

            小さな韓国刺繍針山

            0
              JUGEMテーマ:趣味
               先日メロンパンサイズの、
              記念すべき針山第1号が完成しましたが、
              そのあまりの大きさにお針箱にも入らないし、
              可愛らしさに欠けることが残念で。。。

              第1号の半分よりさらに小さい
              本当に小さな針山を2つ作りました。

              小さな色とりどりの蝶を刺繍。

              韓国では「蝶」は好んで刺繍のモチーフに使われます。
              昔の女性は年頃になると、
              母親と閨房で日がな一日手芸をさせられ、
              外出もままならず、
              まして自由な恋愛なんて、決して許されなかったようです。
              そんな環境の中で
              次から次へと好きな花を求め自由に飛び回る蝶の姿は憧れであり、
              幸せを運んでくれると信じられていたそうです。

              私も蝶を刺繍することがとても好きです。

              201107250920001.jpg
              2011.07.11 Monday

              韓国の刺繍針山

              0
                 韓国で初めて刺繍の針山を見たときの、感動が忘れられません。。
                色づかいもかたちも、本当に可愛らしい針山でした。。

                韓国刺繍を習い始めて、一年と少し経ちました。
                ついに自分でも刺繍の針山を完成!!

                201107110921000.jpg201107110922000.jpg
                表と裏と両面にびっしり刺繍してみました。。
                巨大なメロンパンぐらいのサイズがあります。

                大きすぎて、何となく可愛らしさに欠けるので、
                今度はもっと小さいサイズで作るつもりです!


                2011.05.16 Monday

                韓国刺繍熱病

                0
                   いよいよ、韓国刺繍の熱病にかかってしまいました。

                  ここまでの高熱は初めてです。。

                  201105152226000.jpg

                  自分で図案を描いて巾着袋(チュモニ)を作りました。
                  ひもには蝶を刺繍して綿を入れたものを付けてみました。

                  あまりにも夢中で刺しすぎて、
                  腱鞘炎のような、手に力が入らないくらいになってしまいました。
                  出来上がるまでは、一刻も早く仕上げたいという気持ちで
                  一生懸命刺しますが、
                  もうすぐで仕上がってしまうと思うと
                  ひどく寂しい気持ちになるから
                  不思議です。


                  2011.02.28 Monday

                  韓国刺繍教室

                  0
                    JUGEMテーマ:趣味
                     昨年の3月から、本当に初歩の初歩から
                    韓国の刺繍を習い始めました。

                    もとより、韓国民芸品の虜の私は
                    刺繍作品も旅行に行っては、買い求めていましたが

                    すきすき大好きが、ついに実際に習うまでになってしまいました。。

                    昨年1年は本当に色々なことがあり
                    心がくじけそうになることもありましたが、

                    どうにか刺繍教室だけは
                    休むことなく、先週で初級編が無事に終了しました。

                    すごく好きな世界を持つということは
                    こんなにも幸せで、そのことで救われることも沢山あるのだと
                    改めて実感しました。
                    201102261638000.jpg
                    これが完成した刺繍作品です!
                    実は楽しくて、授業の課題ではない物も沢山作りました。
                    チュモニと呼ばれる小さな巾着です。
                    2010.11.21 Sunday

                    いろのくみあわせ

                    0
                      今でも忘れられません。

                      中学1年生の時
                      家庭科の授業で、モチーフ編みをやりました。
                      指定された手芸屋さんで
                      好きな色の毛糸を何玉か購入して、
                      色とりどりのモチーフを作り
                      最後は縫い合わせてクッションを作るという課題でした。

                      今から思えば夢のように楽しい授業ですが、
                      私は毛糸を選ぶときに、
                      とても悲しい失敗をしたのです。
                      非常に深い濃紺・ブルー・水色・白という
                      青系のグラデーションの毛糸を買ってしまったのです。。

                      毛糸を選んだときは、すごい素敵な組み合わせだと思い、
                      少し得意げになっていたくらいでした。

                      でも、家庭科の授業のとき、
                      友達の選んだ毛糸の色の洪水に圧倒されました。。

                      ピンク・黄色・紫・グリーン・ブルー・茶色・オレンジ

                      当時の私は、どう考えても思いつかないような
                      華やかで鮮やかで意表をつくような色の組み合わせばかりでした。

                      こんなにぐちゃぐちゃな色を沢山つないで
                      本当にへんてこなクッションができてしまうのではないかと
                      心配したほどです。

                      でも、
                      出来上がって、さらにびっくり。
                      想像もできなかった色の組み合わせの
                      クッションは本当に、華やかで素敵でした。

                      それに引き換え、自分のブルーのグラデーションが
                      なんともつまらない、寂しいクッションに思えて
                      本当に本当にがっかりしたのを、
                      今でも鮮明に記憶してます。


                      そんな少し悲しい経験も影響しているのでしょうか?
                      今では、少数民族や韓国やメキシコといった国々の
                      華やかで派手な色の組み合わせの布や刺繍が大好きです。


                      宮島張子を真似して最近作っているフクロウだるまです。
                      。。我ながらすごい色の組み合わせですね。

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      本棚
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM